<< 山陰散歩 | main | 月下美人の実 >>

六ヶ所村ラプソディーそして東洋町 その2

13日に岡山で「六ヶ所村ラプソディー」の上映会があった。
夕方から出かける。


写真はあまり人が写っていないが(鎌仲監督のお話の始まる直前だったので)
盛況で、
うれしかったのは何年かお会いしていない友人知人にいっぱい会えたこと。

映画が始まって「花とハーブの里」のチューリップ畑が画面いっぱいになったら
涙がでてきた。
1980年始めに有志が集まって反原発の会を始めた頃は
原発は22基だった。
今、55基も稼動している・・・。

「六ヶ所村ラプソディー」はこの30年ほどの私の想いを
振り返る映画でもあった。
ぜひ、みんなに見て欲しい。


六ヶ所村の問題は核廃棄物処理の問題ともちろん関連している。
高知県東洋町の町長たちは、
議会や町民になにも知らせず、去年3月に高レベル核廃棄物処理場に応募していた。
ということが、昨日発覚した。
が、議会や町民に謀ってからと、不受理されている。

東洋町の動きに注目してください。

スポンサーサイト

  • 2017.05.24 Wednesday
  • -
  • 20:25
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
1月21日「六ヶ所村ラプソディー」上映会の感想
1月21日「六ヶ所村ラプソディー」を観てきました。 六ヶ所村 斧の形をした下北半島の付け根にある美しい自然が残る村。 そこに、今年の夏にも使用済み核燃料再処理工場が稼働しようとしています。 工場が稼働すれば空気中に放射性物質を含んだ気体を放出する。環
  • 名古屋・アイヌ語に触れようの会
  • 2007/01/22 1:46 AM
ポストカードを送って、六ヶ所村再処理工場のことを日本中に伝えちゃおう大作戦のブログ
ポストカードを送って、六ヶ所村再処理工場のことを日本中に伝えちゃおう大作戦のブログです。
  • 6ラプカード大作戦!六ヶ所村再処理工場のことを日本中に伝えよう!
  • 2007/01/28 1:34 AM
六ヶ所村ラプソディーを観ての(その2)
六ヶ所村ラプソディーを観てのパート2になりますが、これからのエネルギーに関わる問題は、国民にとっても重要な問題なので、政府は、再処理工場のことについて、危険性も含めてきちんと情報開示して国民に判断をゆだねるべきではないのかと思います。私たちの今の生活
  • 名古屋・アイヌ語に触れようの会
  • 2007/02/02 2:08 AM
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ののカフェ&野の花工房
ホームページを新設しました。 http://www.nono-kafe.com/ 下のrinkから入れます。 ぜひお立ち寄りください。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search in this site
others
mobile
qrcode
sponsored links