上関原発反対声明文

上関が10月14日から緊迫しています。中国電力は上関祝島島民に何の説明も了承もなく工事を強行しようとし、祝島が緊迫しています。
以下は 友人のブログからの転送です。


 【緊急・転送希望】上関原発反対声明文

内閣総理大臣 殿

経済産業大臣 殿

中国電力 殿

「上関原発建設中止を求める、ジャーナリスト・言論文化人の会」の緊急声明

私たちは、山口県上関町田ノ浦に、中国電力が上関原発を建設しようとして、いよいよ埋め立て工事に乗り出したことを知り、いてもたってもいられず、工事の中止を求める緊急声明文の発表を決定しました。

上関原発が建設されようとしている田ノ浦は、希少動物の宝庫として知られています。

生物多様性のモデル地区と言われるこの地域は、瀬戸内海でも珍しく自然海岸が残されてきた地域でもあります。そのためここには多くの天然記念物や希少生物が息づいています。

原発に最も近い、対岸の祝島の漁民は、30年間近くも建設に反対し続けてきました。それは子孫に豊かな自然を残したいという思いからのことです。

私たちが失おうとしている自然は、かけがえのないものであり、失うと取り返しのつかないものです。

しかも今中国地方で、原発建設を強行しなければ電力が不足するという報告もありません。

この一帯が地震帯であることも、私たちが反対する理由の一つです。

ひとたび事故が起これば、それは上関町だけの問題ではなく、山口県、そして中国地方から四国・九州・関西にまでまたがる広域の問題となることは、25年前に起こったチェルノブイリ原発事故が実証しています。

中国電力には、田ノ浦の埋め立てをすぐに中止し、自然と未来を破壊する原発の建設計画を放棄するように求めます。

政府には、原発推進政策を直ちに転換して、自然エネルギー推進政策をとるよう求めます。

2010年10月17日

呼びかけ人

広河隆一(DAYS JAPAN編集長) 平井康嗣(週刊金曜日編集長)

ジャーナリスト・言論文化人による賛同人リスト一部(2010年10月19日)

1 アイリーン・美緒子・スミス 環境ジャーナリスト

2 青木 理 ジャーナリスト

3 青山貞一 東京都市大学環境情報学部教授

4 明石昇二郎 ルポライター

5 浅野健一 同志社大学教授

6 天笠啓祐 市民バイオテクノロジー情報室

7 雨宮処凛     作家・『週刊金曜日』編集委員

8 アンドリュー・デウィット 立教大学教授

9 飯田哲也     環境エネルギー政策研究所所長

10 池田佳代 OurPlanet-TV理事

11 池田香代子 翻訳家

12 石井千春    通販生活編集長

13 石川逸子 詩人

14 石川文洋 写真家

15 石坂 啓     マンガ家、『週刊金曜日』編集委員

16 井田徹治  環境ジャーナリスト

17 伊田浩之 『週刊金曜日』企画委員

18 市野和夫 元愛知大学教授

19 井上澄夫    フリージャーナリスト

20 今中哲二 京都大学原子炉実験所

21 岩本太郎 ライター

22 上野 蓮 ライター

23 鵜飼 哲 一橋大学教員

24 宇野八岳    フォトジャーナリスト

25 魚住葉子 DAYSJAPAN

26 温野まき フリーライター・編集者

27 大石芳野 フォトジャーナリスト

28 岡 真理 京都大学教員

29 葛城貞三    立命館大学先端総合学術研究科  

30 加納実紀代 敬和学園大学教員

31 鎌仲ひとみ 映像作家

32 鎌田 慧 ルポライター

33 神尾 京子   編集者

34 川田マリ子 日本ジャーナリスト会議

35 川田豊実 日本ジャーナリスト会議

36 川口直美  元TBSテレビプロデューサー

37 川崎 陽子 環境ジャーナリスト

38 熊切圭介 フォトジャーナリスト

39 熊本一規     明治学院大学教授

40 紅林 進 フリージャーナリスト

41 黒田光太郎  名城大学教授

42 桑原ヒサ子 敬和学園大学教員

43 小出裕章   京都大学原子炉実験所

44 河野 昭一 京都大学名誉教授、国際自然保護連合生態系管理委員会 北島アジア地域担当・副委員長

45 小室 等 フォークシンガー

46 紺野茂樹 哲学・倫理学研究者

47 コリン・コバヤシ  グローバル・ウォッチ・パリ

48 斎藤貴男 ジャーナリスト

49 崎山比早子 高木学校

50 佐高 信    評論家・『週刊金曜日』編集委員

51 佐藤秀明   写真家

52 椎名 誠 作家

53 清水昭信 元名古屋市立大学教授

54 志葉 玲   フリーランスジャーナリスト 

55 芝野由和 長崎総合科学大学長崎平和文化研究所

56 白石 草    ビデオジャーナリスト/OurPlanetTV代表

57 辛 淑玉 人材育成コンサルタント

58 菅波 完 高木仁三郎市民科学基金事務局 

59 杉村 使乃   敬和学園大学

60 杉村 昌昭 龍谷大学教授

61 砂川 浩慶 立教大学准教授

62 鈴木邦男 著作家

63 高橋 巌 日本大学教員

64 高橋邦典 フォトジャーナリスト

65 高島伸欣 琉球大学名誉教授

66 龍村ゆかり ドキュメンタリー映画プロデューサー

67 田中三彦 著述家・翻訳家

68 田島泰彦 上智大学教授

69 武田 俊輔  滋賀県立大学 人間文化学部 地域文化学科 講師

70 田沼武能 写真家

71 辻 信一 明治学院大学教員

72 寺尾光身 名古屋工業大学名誉教授

73 どい かや  絵本作家

74 東条雅之 ジャーナリスト

75 豊田直巳  フォトジャーナリスト

76 中川 敬 ミュージシャン/ソウル・フラワー・ユニオン

77 中川真希 役者

78 中嶋啓明 通信社記者

79 那須圭子 フォトジャーナリスト

80 中野佳裕 立命館大学客員研究員

81 成田俊一   ジャーナリスト

82 西尾漠 原子力資料情報室共同代表、はんげんぱつ新聞編集長

83 西谷 修    東京外国語大学教授

84 仁藤 万友美   女性のためのすずめの木相談室

85 丹羽 理 フォトジャーナリスト

86 野村修身  市民情報研究所

87 野田隆三郎 岡山大学名誉教授

88 ノーマ・フィールド シカゴ大学

89 橋本 佳子 プロデューサー

90 橋野高明      同志社大学人文科学研究所研究員

91 長谷川公一  東北大学大学院教授(環境社会学)

92 服部孝章 立教大学社会学部教授

93 羽生のり子 在仏ジャーナリスト

94 樋口健二 フォトジャーナリスト

95 平野裕二     編集者

96 布施祐仁 ジャーナリスト

97 広瀬 隆 作家

98 福島菊次郎 フォトジャーナリスト

99 古居みずえ   フォトジャーナリスト

100 星川 淳 作家・翻訳家、

101 細川弘明 京都精華大学教員

102 本多勝一 『週刊金曜日』編集委員

103 前田実津 フォトジャーナリスト

104 松崎菊也 戯作者

105 三品真美 歌手

106 宮崎 慈    京都反原発めだかの学校

107 宮永正義     あいち自然ネット会長

108 宮本ゆき  Assistant Professor DePaul University

109 室田元美 フリーランスライター

110 森 達也     映画監督・作家

111 森住 卓 フォトジャーナリスト

112 八柏龍紀     批評家(社会哲学)

113 山口正紀 ジャーナリスト

114 山口泰子 ふぇみん婦人民主クラブ

115 山口智美 モンタナ州立大学社会学・人類学部教員

116 山田洋次 映画監督

117 横田 一     フリー記者

118 横堀幸司 映像作家

119 吉池俊子    アジア・フォーラム横浜

120 ヨシノユギ 立命館大学先端総合学術研究科

121 竜頭万里子 エニアグラム性格学講座・主宰

122 渡辺一枝 作家

123 渡辺葉 翻訳家

124 綿井健陽 ジャーナリスト 

125 綿貫礼子 サイエンスライター

このほか約200 人の方にご賛同頂きました。10月20日現在

牡丹と わ〜〜〜〜〜!



開き始めた 牡丹
雨にあたらないように軒下へ
これが一番花
蕾が16個
もうひとつの牡丹の木に6個
全部咲くんやろか!


わ〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!今、東洋町の町長選の速報が。
高レベル放射性廃棄物処理場の反対派が
勝った!
やった!

岡山で、核のごみ全国集会

高レベル廃棄物についての
全国集会が岡山にて2月17〜18日に
行われます。
詳しくは こちらから




東洋町の動きに対しての抗議メールのお願い。
詳しくは こちらから

東洋町町長 独断誘致!

070121_2219~0001.jpg今日、高知県東洋町では高レベル放射性廃棄物処理場誘致反対の請願書が住民の皆さんから提出されたのを審議するはずでした。
ところが、町長が「町民も町議会も関係ない。町長として応募する。」と
応募したそうです!!!

ブログ「それがたまるか」を見てください。

東洋町に抗議メールを



写真は心配そうな あたよ

六ヶ所村ラプソディーそして東洋町



岡山でぜひ上映したいと思っていたら
上映されます。
ぜひぜひ、見に行ってください。
 六ヶ所ラプソディー岡山上映 タイムスケジュール 
 11:30 2階展示室イベント開始
       イベント*エコ展示
            六ヶ所村関連展示販売
            有機無農薬野菜・陶芸作品・フリーマーケット
            スローフードcafe・天然酵母パン「のら」e.t.c.
 14:00 DJ&VJ/FOLKLIVE開始
 15:40 1回目上映開始
 18:00 鎌仲ひとみ監督トーク
 19:10 2回目上映開始 


去年は高レベル廃棄物処理場の候補地で
高知県津野町、滋賀県余呉町が手をあげそうになって
でも、心ある皆さんのお力でどちらの町も断念したのでした。
が、今、高知県東洋町が手を挙げそうになっています。
2月にも町長が応募するとのことです。

どうか、反対の意見を東洋町に届けてください。

続 津野町

昨日、津野町議会は
高レベル放射性廃棄物処理場誘致の応募陳情と反対陳情2件を
全会一致で不採択した。
なにせ、予定地とされるす〜ぐ近くに引っ越そうとしてたから
とりあえず白紙になってほっ!としている。

津野町の様子はブログ
「四万十川源流と高レベル放射性廃棄物処分場」
住民の立場から丁寧に報告されている。



写真は関係なくて、うちの庭からの空。
黒い点々は女郎蜘蛛。
秋は昆虫もいそがしい。
冬に向けて、子孫を残すために空に巣を張る。

ほんまに目先のことでなく、丁寧に生きたいものだ。

津野町



高レベル放射能廃棄物処理場誘致は12日の町議会で、継続審議になった。
そして、9月16日に高知県津野町で京大の小出先生の講演会があった。
詳しくはこちら

心動く連絡をいただいたりして、とにかく行ってみようと
津野町へ。
会場は久々の友人がいっぱい。
うれしい!?再会を楽しむ。
こんなに熱気にあふれる集会も久しぶり。

でも、津野町ばかりでない。
高知県安芸郡東洋町に10月に誘致しようとする動きがある。
東洋町役場に核廃棄物処理場の応募中止のメールをお願いします。
電話 0887−29−3111
fax  0887−29−3813
Eメール HPの総務課あて

四万十川

20060911_169304.jpg
画像は、四万十川じゃない、高梁川。
今日、久しぶりに高梁川の河原に様子を見に行った。
県北で、かなり雨が降ったようで水量は多い。
ここで水が引くと魚を突いたり、冬は薪用の流木を拾いに来るところ。
竹ペン用の竹も、畑のえんどう豆などの手にする竹も
いつもここにくる。

高梁川の上流に放射能廃棄物処理場の試験採掘があったのは
1982年だったから24年前だ。
四万十川の源流、高知県高岡郡津野町に高レベル核廃棄物処理場の誘致の動きがある。
津野町に住むしょうこちゃんからコメントがはいった。

明日、12日議会で審議があります。どっち向いて行くのか・・
津野町ご意見箱に意見、投書、など、寄せて下さい。
この方のブログをぜひご覧ください。
http://www.makoto.ne.jp/weblog/

ブログ:四万十源流と高レベル放射性核廃棄物最終処分場http://blog.livedoor.jp/shimantogenryuu/
追加です。このサイトも見て下さい
http://www.h5.dion.ne.jp/~stonemia/sub46.htm

7年ほど前、候補地といわれている鈴が森のほんとにすぐ近くに
引っ越そうとしていた。
事情があって取りやめになったんだけど・・・
高梁川も四万十川も私にとっては 同じだ。






高レベル放射能廃棄物




今日、高知県の山の中に住んでいる友達から
おいしい贈り物が届いた。
四万十川の源流で、自給自足のいい生活をしている。
ところが、高レベル放射能廃棄物最終処分場の誘致を津野町が検討しているという。
町議が全員賛成だとの話も伝わってきた。
最後の清流として知られる四万十川の源流にだ。

8月22日の毎日新聞でも、
奄美大島の宇検村でも、誘致の検討をしていて、原子力発電環境整備機構(原環機構)
の説明会があったと、載っていた。

原発から出る廃棄物も、青森県六ヶ所村の再処理工場から出る廃棄物も
行き場が無い。廃棄物を引き受けるところが今のところ無いから。
今は原発敷地内に貯蔵、青森県の六ヶ所村に一時保管されている。
それで、原環機構は高レベル放射能廃棄物最終処分場をなんと、公募している!
最終処分の方法、場所をお金をばら撒きながら探しているのが現状だ。

高レベル放射能廃棄物がどんな物か!
最終処分場がどんな意味をもつのか!
とにかく、津野村の有志のかたが、学習会を開くことになった。

という、ビラが同封されていた。
どこにも作らせてはいけない。最終処分場。
微力ながら、できるだけ、みんなに伝えていきたい。
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ののカフェ&野の花工房
ホームページを新設しました。 http://www.nono-kafe.com/ 下のrinkから入れます。 ぜひお立ち寄りください。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search in this site
others
mobile
qrcode
sponsored links